モバイルファーストインデックスとは

宇都宮のWeb制作「あなたのWeb担当」のオノガワです。

モバイルファーストインデックスという言葉をご存知でしょうか?

モバイルファーストインデックスとは、2018年3月27日に、Googleが公式にアナウンスしたもので、一言でいうと、「Webサイトやホームページを、スマホ向けに対応したページを基本的に登録して検索結果に反映する」というようなことです。

https://webmaster-ja.googleblog.com/2018/03/rolling-out-mobile-first-indexing.html

なので、パソコンをベースに(基本に)作ったWebサイトは、これからは検索されにくくなる。とアナウンスされています。

これまではPC環境(デスクトップ)で見るものが基本だった

一昔前は、インターネットやWebとえば一般的なのはパソコンしか無かったので、ホームページを作るのものパソコン、見るのもパソコン。でした。

そのため、Googleの検索結果も当然パソコン環境をベースにアレンジされているものでした。

それが、2018年だとスマートフォンが一般的になったので、ホームページももうスマホページが基本で、パソコンでもみることができる。というような位置づけになったという感じのことですね。

モバイルが、ファーストに、インデックス。

Googleは英語を使う会社なので、モバイルファーストインデックスも(カタカナにはなっていますが)英語の言葉なのですね。

日本語にすると我々にはわかりやすいのかもしれません。

 

モバイル=携帯、スマホ

ファースト=第一に

インデックス=Googleのデータベースに登録

 

つまり、「スマホページを第一にGoogleのデータベースに登録するね」ということです。

 

モバイルファーストインデックスとレスポンシブデザイン

レスポンシブデザインとは、ホームページがスマホの画面の大きさで閲覧しても、パソコンの画面大きさで閲覧しても、その幅に合わせて対応して(レスポンスして)閲覧することができるデザインのことといえます。

レスポンシブデザインで作ったWebサイト(ホームページ)は、スマホでもPCでも同じものを同じURLで表示するので、これからはモバイルファーストインデックスだ!となった今でも、特に大きな問題がないといえるでしょう。

 

モバイルファーストインデックスまとめ

これからはスマホを中心で、”パソコンでも”みることができるという考え方

昨今は、例外をのぞいては基本はスマホでWebサイトは閲覧し、されるものになりました。

 

これまでは、パソコンで閲覧することが前提で、”スマホでも”見やすい!

というものでしたが、

これからは、Google検索という観点に関しては、

スマホで見ることが前提で、”パソコンでも”みることができる。

という考え方に切り替えが必要なのですね。

 

Google検索に関しては、重要なポイントなのでSEO対策やWeb集客といったことを考えるときには、このモバイルファーストインデックスを取り入れる方が今後は良いのでしょうね。