自動翻訳のページは”Google検索されない”ので英語のページを作らないと検索で見てもらえない?

英語のWebページは必要?

ちふも株式会社では、英語でのウェブページの制作サービスというものを行っています。

なぜ英語でWebページを作ることをサービスとしてすすめているかというと、「英語を話す人に見てもらうため」なのですが、まず検索してもらうためでもあるのです。

 

それぞれの企業やお店が、自社のサービスや製品など、Webページで宣伝やブランディングを行っていたりすると思いますが、
これらが外国人の方もお客として対象となるのであれば、英語Webサイトを活用してどんどん積極的にマーケットとして捉えて獲得していっても良いと思います。

食事や宿泊などといった人間であれば誰もが必要なサービスはもちろん、日本的であるサービスや商品(着物レンタル、和菓子などなど)をご商売にしているのあれば、すぐにでも検討すべきではないでしょうか。

自動翻訳のページはGoogle検索されない

タイトルにもある、「自動翻訳のページは”Google検索されない”ので”英語のページを作る”ことが必要。」とはどういうことでしょうか?

 

答えは、Googleの公式ページを見てもアナウンスされているのですが、
https://webmaster-ja.googleblog.com/2011/11/blog-post.html

 

正確に言うと自動翻訳のページはGoogleに登録はされていないので、

そもそも検索対象ではないのです。

 

 

よく、サイトオーナーさんから、

「日本語のWebサイトを今は翻訳できるからそれでいいんじゃない?」

との意見を耳にしますが、

 

日本語のサイトを訪れた後に、ブラウザの便利な翻訳機能を利用すれば、英語にも他の言葉にもなりますが、

しかし、英語で検索する人たちは、そもそも日本語のサイトにたどり着かないのです。。

日本語で作られているサイトに英語で検索していては、絶対とは言えませんがなかなか辿り着きませんよね。

 

 

なので、

外国人の方(インバウンド)が対象となる商売なら、しっかりとした英語ページを作ってWebに放つべし。

英語でページを作り、英語でSEO対策をしてはじめて、Googleに登録されるのでGoogle検索してもらえる可能性が生まれるのです。

英語のWebページを作るということは、待つだけでなく、どんどん積極的にこちらからアピ―ルするということです。

 

英語でのWeb制作サービスの紹介

ちふも株式会社では、インバウンド需要に対する英語でのWebサイト作成、英語でのWeb集客サービスも行っています

 

ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。